So-net無料ブログ作成
検索選択

福原愛の着物 辻が花とは? [芸能人の話]

福原愛ちゃんが結婚会見で来ていた着物がとても似合っていましたよね。

福原愛ちゃんの着物はどうやら「辻が花」というもののようです。

ここでは、福原愛ちゃんが来ていた着物はどこのものなのか、辻が花とは何かをご紹介します。


スポンサーリンク








福原愛ちゃんの着物のメーカーはどこ?




福原愛ちゃんの着物は、藤娘きぬたやというきもののなのだそうです。

藤娘きぬたやとは、京鹿の子絞りのの名門メーカーなのだとか。

絞り染めの技術はぴか一のようです。

着物は2年かけて製作した1点もので、色が繊細でとても福原愛ちゃんに似合っていますよね。



着物の辻が花とは?



辻が花とは、辻が花という絞り着物のことのようです。

辻が花というデザインだとか。

室町時代から、安土桃山時代にあった柄で、江戸時代には消えてしまったといわれ、「辻が花」は幻の柄なのだとか。



着物の値段




福原愛ちゃんの旦那様は相当稼ぎがよろしい方なので、さぞかし高そうな着物な感じがしますよね。

実際に辻が花で、藤娘きぬたやという名門メーカーで作られている着物なので、なおかつ特注。1点もの。

通常の辻が花の着物は、25万ぐらいするそうです。

福原愛ちゃんの場合だと、もしかしたら100万ぐらいするんですかね。


福原愛ちゃんの着物まとめ




日本人らしい可愛らしい着物ですが、その質の良い着物には驚かせれますよね。

辻が花の着物がぴったりなのが、日本女性として美しさを際立てます。

ともかく、お似合いのカップルなのでお幸せに~ですね。

スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。