So-net無料ブログ作成
検索選択
健康の話 ブログトップ
前の1件 | -

みんなの家庭の医学 便秘改善は腸内の善玉菌を増やす [健康の話]

2015年1月12日のみんなの家庭の医学で放送された内容です。

便秘改善には、善玉菌を増やして腸内フローラを綺麗にする必要があります。

便秘は悩ましいものですよね。腸内には善玉菌が良いとききます。

また、便秘改善で腸内の善玉菌を増やすために、ヨーグルトを毎日欠かさず食べていらっしゃる方もいると思います。


しかし、善玉菌を増やすにはエサが必要だったりします。


そこで今回は、便秘改善に期待の出来る善玉菌を増やして腸内フローラを綺麗にする方法をご紹介します。


※みんなの家庭の医学で放送された番組まとめです。




スポンサーリンク











便秘改善の前に、腸内フローラとは?


腸内フローラは、腸の中にいる何兆もの細菌が、お花畑のようにみえるため腸内フローラといわれているそうです。


腸内にも、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という三種類の細菌が活動をしています。


日和見菌とは、善玉菌にも悪玉菌にもなる菌のことです。


便秘の場合だと、悪玉菌が善玉菌よりも優位になる状態となります。

そのため、善玉菌が増えると腸内フローラも綺麗になるというわけです。

便秘改善には腸内フローラがきれいになることが大切です。



ただ単に善玉菌をとればいいというわけではない


善玉菌を増やすにはビフィズス菌や乳酸菌などがよいと世間では言われていますよね。


そのため、ヨーグルトや発酵食品を食べられると思います。


しかし、それで便秘が改善されない方って多いですよね。


それは、腸内フローラを改善するにはそれだけではだめなんです。



じつは、善玉菌を増やすにはエサと助っ人というものが必要となるのです。





スポンサーリンク














便秘改善には善玉菌のエサと助っ人が必要だった



善玉菌のエサと助っ人の両方をとることで、腸内フローラが綺麗になって便秘改善となるのです。



腸内に必要な善玉菌のエサとは、根本的に腸内フローラを綺麗にする働きをしてもらうためのエサです。


その善玉菌のエサとなるものが、食物繊維が含まれていたり、オリゴ糖が含まれている食べ物となります。



食物繊維は、さつまいもとかごぼう、大麦などに含まれています。

オリゴ糖は、バナナや林檎などに含まれています。



そして、善玉菌の助っ人も必要となります。



善玉菌の助っ人とは、エサと違って悪玉菌を減らすことで腸内を良くするこ働きをさせることです。



善玉菌の助っ人は、ヨーグルトや乳酸飲料、発酵食品です。




そのため、便秘が改善されなかった人は、善玉菌のエサよりも助っ人ばかり取っていたということになります。


便秘を改善して腸内フローラを綺麗にする食べ方



上記でかいた善玉菌のエサと助っ人は1日1食だけではだめです。

1日3食両方を取り入れた食事が必要となります。


とくに腸が活発になる夜は、善玉菌の助っ人の種類を多くとることが大切なのです。


しかし、この方法をしたことで、長年便秘に悩んでいる方が3日で改善することができて持続性があります。


そのため、腸内フローラを綺麗にするには、善玉菌のエサと助っ人を毎日取ることが必要となります。



オリゴ糖ってあまり聞きなれませんよね。

口コミで人気のオリゴ糖はこちら。オリゴ糖の摂取がとても楽です。


カイテキオリゴ







毎日ドッサリ出来る話題のはぐくみオリゴ
も人気です。

便秘にも良いそうですよ。


善玉菌を増やして腸内フローラをきれいにしましょう。


→みんなの家庭の医学 奥園流の鉄分レシピ

みんなの家庭の医学で紹介 魚うどんの奥園流作り方


みんなの家庭の医学で紹介 宮崎県日南市 魚うどん お取り寄せ方法

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の1件 | - 健康の話 ブログトップ